So-net無料ブログ作成

【書評】エドワード・ルトワック『エドワード・ルトワックの戦略論~戦争と平和の論理~』 [書評・映画評(DVD含)]

著名な戦略家であるルトワック氏の代表的著作です。


エドワード・ルトワックの戦略論

エドワード・ルトワックの戦略論

  • 出版社/メーカー: 毎日新聞社
  • 発売日: 2014/07/18
  • メディア: Kindle版



ルトワック氏の魅力は自由奔放な発想力です。
著者は過去における世界中の戦争、紛争の分析から導かれた常識にとらわれないその主張は、多くの読者を驚かせると思います。
本書に流れる一貫したテーマは「逆説的論理」です。
平和を欲するほど戦争に備えなければならない。紛争を早く終わらせるためには平和維持活動によって内戦の配車を無駄に存命させないほうがよい。自国の安全を守るには敵を徹底的にたたいてはいけない、バランスオブパワーに悪影響が及ぶ。
などなど、日本ではとてもお目にかかれない内容のオンパレードです。
狭い技術ほど対策も容易であると、技術過信にも警鐘を鳴らしています。

世界的名著と評されるのも納得です。
本書にはじっくりと学ぶべき内容が詰まっていると思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0