So-net無料ブログ作成
検索選択

【書評】東野圭吾『夜明けの街で』 [書評・映画評(DVD含)]

人気作家、東野圭吾のミステリです。


夜明けの街で

夜明けの街で

  • 作者: 東野 圭吾
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2007/07
  • メディア: 単行本



主人公は冴えない家庭持ちのサラリーマン。
それがひょんなことで不倫となり、しかもその不倫相手が時効直前の殺人事件の犯人であるとの嫌疑が掛けられています。
不倫相手か家庭か、何を信じるべきか主人公の心が揺れ動きますが、最後にあっと言わせる結末が待っています。
全般的に人気作家らしく、手堅くまとまっている印象があります。本書の半分以上が不倫のラブラブ描写で、後半になって少しミステリ要素が入ってきます。ライトなミステリといった感じでしょうか。
さらりと読むには丁度よいですが、最後の1行にはドキリとさせられます。
家庭を大切に……。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0