So-net無料ブログ作成
検索選択

最近の日常【3月中旬】 [日常]

〔自転車を修理する話〕

最近、古い自転車でも修理して長く乗るようになった。
理由は単純で、「捨てるのが大変だから」です。
大きな品を捨てようと思ったら、粗大ゴミ扱いとなり、事前に券を購入した上で市役所に電話して取りに来てもらうか、もしくはクリーンセンターに運ぶぐらいしかない。
どちらにしても、面倒だし、お金もけっこうかかる。
それならば……と、近くの自転車チェーン店に運び込んでしまう。ちなみに愛用しているのはイオンバイクです。
昔の自転車屋は金額表示がなく、すし屋みたいに修理が終わらないと勘定が分からなかったが、いまは事前に見積もりがあり、納得した上で修理をしてもらえる。
しかも作業が早いし、確実。簡単な修理なら無料で対応してくれることもある。
この前、家内の自転車のペダルが回らなくなった。「なにか詰まっているのかな?」と思いながらイオンバイクに持ち込んだところ、なんとベアリングが破損しているという。
ベアリングというのはもともと負荷のかかるところに使用されているので、強度が半端ない。
ある大型機械の修理の際に、さびた軸が抜けないので、油圧ポンプでぐりぐり強引に抜いたことがありましたが、それでも壊れない(もっとも、そいつは馬鹿でかいベアリングですが)。
当時新人だったぼくは壊れるんじゃないかと心配だったのですが、先輩いわく、「こいつは最強の部品だ」ということで、まったく意に介しない。
ベアリングとはそれほど強靭なボディーを誇るはずですが、まさかそれが壊れるとは。
まさかの事態なので修理費用は高いのかと思ったら、3000円なり。
まあ、修理しました。はい。
【イオンバイクHP】
http://www.aeonbike.jp/


〔インスタント・コーヒーの話〕

職場のお茶菓子の買出しを担当している。
本当はアルバイトがするようなことだけど、バイトの子が20+20を普通に間違えるレベルの計算能力しかないとか(いちおう短大卒)、まあ、いろいろあって、結局自分がしています。
限られた資金をどうつかうかですが、安い店で買うのは当然として(23時ごろに24時間スーパーで買物をしていると、いったい自分は何をしているのかとたまに思ったりするのはまた別の話として(汗))、インスタントコーヒーの割合が大きいのでこれをなんとかせねば。
とはいえ、安いコーヒーを買って不味かったらどうにもならないので、自費でいろいろ試している。スプレードライは明らかに落ちるのでさすがに却下して、フリーズドライに絞っています。
どの商品が良い悪いは趣味の問題もあるので避けますが、なぜ、これだけ品質に差が出るのか不思議でならない。
全世界で栽培されているコーヒーのほとんどがアラビカ種。
品種でほとんど差が出ないので、あとは産地と、ローストと、抽出法だけ。それなのに、なぜ、これだけ味わいが違うのだろうか。
というより、なぜ、ときおりとんでもない不味いインスタントコーヒーにぶちあたってしまうのか。

なんとなく、各メーカーごとのインスタントコーヒー製法を調べてみたい気分。
そんな本は、どこにもないと思いますが。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

自称隊長

短大もピンからキリまでで、さすがにそろそろ淘汰されるべき段階ですね。バイトに多くは望まないし、短大卒かどうかは重視していないのでしょうけれどねぇ。
by 自称隊長 (2015-03-28 09:46) 

サイトー

>自称隊長さん
バイトに学歴は不問なのですが、まあ、さすがにこれは面接で分かるだろうというレベル。
短大も大学も、さすがにピンキリすぎるかもしれませんね。何かに特化した短大、大学なら、レベルに関係なく存在価値があると思うのですが。
by サイトー (2015-03-30 04:52) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0