So-net無料ブログ作成
検索選択

電子書籍のパブー [応援してください!]

ぴこ山ぴこ蔵さんから、電子書籍せ作成・販売を手がけるパブーというサイトがあることを教えてもらいました。

【ブグログのパブー】
http://p.booklog.jp/

簡単に説明すると、電子書籍の作成と販売が簡単にできるサイトです。
登録と操作は実に簡単で、自分も実験的にブログでも公開済みの『ダイレクトメール』をUPしたところ、あっという間に電子書籍が完成しました。
売上のうち70%が印税として著者に還元されるのも大きいです。
例えば、紙で同人誌を作成しようとすると、印刷代だけでなく交通費等も含めるとそれなりの経費がかかるので、資金を回収するのは容易ではありません。
もちろん営利目的でなくとも、痛い出費になるのは間違いありません。
ところが、この電子書籍システムを使えば、経費は手間隙ぐらいなもので、新規参入の障壁を一気に下げた感じがします。
また、購入も実に簡単。
ためしに1冊購入してみたのですが、僅かな操作であっというまにダウンロードできました。

今回紹介した電子書籍のパブーですが、新しい流通経路として、魅力的な存在だと思います。
音楽もCDからダウンロードに移行しつつあるように、書店もそのようになっていくのかもしれません。
もちろん書店には書店のよさがあり、特に思いもしなかった本との出合いなどは書店だけの楽しみです。

なので、「流通経路が変わる」ではなく、「流通経路が広がる」という意味で、今後も注目していきたいと思います!


【実験的に作成した本(無料)】
http://p.booklog.jp/users/saitousou


追記:すでに電子書籍で出版されている方がいましたら、ご一報ください。
    ささやかながら、ブログで応援していきたいと思います。
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 4

雫石鉄也

この記事とは関係ありませんが、コメントさせてください。
遅くなりましたが、SFマガジン1月号掲載の「50億年後の」を読みました。
良かったです。これだけの枚数ながらスケールの大きさを感じさせました。
仏教的な無常感というか、光瀬龍に通じるモノを感じました。
by 雫石鉄也 (2010-12-28 08:49) 

せきた

私は、携帯サイトで作品を公開させて頂いています。
そこでの感想を申し上げさせて頂きます。

誰もが、家に居ながら簡単に閲覧できる電子書籍は、個人、又は団体の宣伝力がモノをいうと感じています。
勿論、本当に面白く、実力のある作品は、口コミで伸びるのですが、本当に一握りではないかと感じます。
実力が有るのに、宣伝を積極的にしないから伸びない作品を、幾つか知っています。多くの人に閲覧してほしいかどうかは、個人の意思によるので、逆のケース(実力?面白さ?)も見受けられます。

そして、一番多いのが、個人的に仲良くしている作者同士で、作品を閲覧し合うパターンです。(因みに私もこれです。まだ、自分は実力不足だと感じるので、今は宣伝を積極的にはしません)

サイトー先生位に実力があっても、
「宣伝をどうしていくか?」
この問題を避けては通れないのでは?と思います。

パブが携帯サイトと全く同じだとは思いませんが、似た要素は有ると思うので、発言させて頂きました。
生意気言って失礼しました。
by せきた (2010-12-28 22:54) 

サイトー

>雫石鉄也さん
拙作をお褒めいただきありがとうございます。
執筆当時、たまたま同世代で気さくなお坊さんとお知り合いなる機会があり、仏教についていろいろ教えていただきました。
そのような事が、作品にいい色合いをつけてくれたのかもしれません。
(教義について親切に教えていただきましたが、理解からは程遠いです。仏教は深いです……)


>せきたさん
せきたさんもいいところに気がつかれたと思います。
宣伝は本当に重要でして、知られないばかりに埋もれてしまう作品が多数あります。
宣伝についてはいろいろ研究中ですし、これからも試行錯誤は続けていこうかなと思っています。
自分で試したり、周囲の方から体験談を聞いていくなかで、なーんとなく、見えてきた部分はあるんですけどね。
(最強が口コミというのは同感です)
by サイトー (2010-12-29 05:26) 

涼宮ハルヒの憂鬱 画像

もう見ました、面白いですね
by 涼宮ハルヒの憂鬱 画像 (2010-12-31 17:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL: