So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

第42期棋王戦第5局(渡辺明棋王VS千田翔太六段) [将棋]

2勝2敗のファイナルセットにもつれ込みました。

【中継サイト】
http://live.shogi.or.jp/kiou/

若手新鋭が実績十分の強豪に挑むというと、2003年の第52期王座戦を思い出します。
当時19歳だった渡辺明が羽生善治に挑み、2勝1敗とリードしながらも千日手を挟んで連敗し、惜しくもタイトルを逃しました。
それから14年近くが経過し、渡辺棋王は押すに押されぬ大棋士へと成長しました。その渡辺棋王に、若手千田六段が全力を賭して向かい合っています。
羽生善治は、渡辺明の挑戦を退け、その後も若手棋士相手に苦しみながらも複数のタイトル戦で防衛を果たし、第一人者としての地位を守り続けています。つい先日も非公式戦ですが藤井四段を退けました。
タイトル獲得数を伸ばすには、同世代では無く、若手との対戦成績が重要になると思います。
渡辺棋王は苦しみながらもタイスコアまで持ち込みました。
さあ、最終決戦が始まります!

【棋譜】
http://live.shogi.or.jp/kiou/kifu/42/kiou201703270101.html

ということで将棋です。
先手番を引いたのは渡辺棋王で矢倉調に進みます。
渡辺棋王は総矢倉にがっちりと囲い、千田六段は金銀をバランスよく配置して角の打ち込みに備えます。
動いていったのは渡辺棋王から。桂頭の弱点を自らさらす3五歩で開戦です。
後手の薄さを強調するように、角を切り飛ばしての攻撃です。
千田六段も反撃しますが、一旦飛車を引かされたのが辛いところ。渡辺棋王は歩の手筋を駆使して後手陣を崩していきます。
千田六段も銀捨てから飛車成りで迫りますが、渡辺棋王には余裕がありました。
そのまま冷静に受けて、後手からの攻めがなくなったところで千田六段は投了しました。

渡辺棋王は追い込まれてからの連勝で防衛を果たし、棋王戦五連覇、永世棋王の権利を獲得しました。本人は「ラストチャンス」と話していたので、喜びもひとおしだと思います。
千田六段は渡辺棋王を追い詰めましたが、あと一歩足りませんでした。
渡辺棋王おめでとうございます!


第66回NHK杯将棋トーナメント(佐藤康光九段VS佐藤和俊六段) [将棋]

ついに夢の佐藤決戦が実現しました。

【中継サイト】
http://cgi2.nhk.or.jp/goshogi/shogitou/

将棋界に佐藤姓は多いです。
佐藤天彦名人、現役A級かつ会長の佐藤康光九段、電王戦出場で有名になったギタシンこと佐藤慎一六段、ハゲネタかつコミカルなキャラで有名な元祖サトシンこと佐藤紳哉七段。
そうした多種多彩な佐藤軍団でも佐藤和俊六段はちょっと地味なところがあります。
それでも連勝賞を獲得したことがあるなど、羽生善治三冠を破った実力は本物です。
早指しNo1を決める本棋戦。
最強の佐藤はどの佐藤でしょうか!

【記譜】※ロック将棋さんがUPしてくださいました。
http://6shogi.com/66nhk15/

将棋はいきなり乱戦になりました。
和俊六段の三間飛車に康光九段がとても成立しそうに無い乱暴に仕掛けていき、一時期は角と金桂香交換という2枚換えならぬ3枚換えの駒損です。
そこからどうするかと思っていたら、薄い玉を馬をひきつけながら固め、さらに7九金打ちといういかにも鍛え抜かれたといった手でじっくり玉を固めます。
後手はと金攻めしかなくなりますが、できた時間的余裕で一気に攻めかかります。
龍で馬2枚を抜いた後手が良さそうですが、序盤に放った8二銀の毒饅頭がここで発動し、いっきに後手玉を受け無しに追い込みます。
最後に和俊六段は必死に先手玉迫りますが、余裕を持って交わしたところで後手は投了しました。

これで康光九段は9年ぶり3回目の優勝を果たしました。
会長という激務を背負いながら、A級残留、NHK杯優勝は見事だと思います。
佐藤康光NHK杯選手権者おめでとうございます!

【公募情報】第34回かきがけ文学賞 [公募情報]

秋田魁新報社が主催する中編文学賞です。

【主催者HP】
http://www.sakigake.jp/a/bungaku/

文学賞の多くは短編が長編であり、中編限定というのは非常に珍しいです。
そのためかどうかは分かりませんが、複数回受賞している応募者が目立ちます。
題材は自由ですが、同人誌に発表済みの作品は対象外であることに注意してください。
制限枚数は原稿用紙100~150枚、応募締切は平成29年6月30日です!

<募集要項抜粋>
募集内容:小説
入  選:副賞50万円
制限枚数:原稿用紙換算100~150枚
応募締切:平成29年6月30日(消印有効)
応募方法:郵送

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

【書評】中島要『錦の松』 [書評・映画評(DVD含)]

着物始末暦シリーズの第6巻になります。


錦の松 着物始末暦(六) (時代小説文庫)

錦の松 着物始末暦(六) (時代小説文庫)

  • 作者: 中島要
  • 出版社/メーカー: 角川春樹事務所
  • 発売日: 2016/02/12
  • メディア: 文庫



中島要は短編作家で、いままで多くの連作短編集を書いてきましたが、最長でも3巻程度で着物始末暦シリーズは群を抜いています。
それだけ人気のある作品なのでしょう。
本作では4つの短編が収録されています。
着物に込められたエピソードは健在ですし、いままで登場してきたキャラクターたちがどんどん登場してオールスターズのような作品集になっています。
いままでさんざん気を持たせてきた恋物語も、ひとつの結論を迎えました。
ときおり偶然に頼りすぎていると思われる個所が散見されましたが、作者の思い描いている結末に向けてきれいにまとめている印象を持ちました。
あいかわらず描写がほとんどありませんが、それでもぐいぐい読ませてしまう文章力を持っています。
作者の技術を感じる作品だと思います。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

【公募情報】第5回彩菜館農川柳コンテスト [公募情報]

テーマは農です。

【主催者HP】
http://www.ja-kyotoninokuni.or.jp/pdf/senryu_contest_2017.pdf

募集要項に~”農”を笑いと感動で元気に~とあります。
とかく元気が失われがちな農業に、活力を与えてくれる作品を求めているものと想像します。
テーマは農ですが、募集要項にある程度まで列記されており、「彩菜館 彩菜館 ・農産物 農産物 ・農家 ・地域農業など」とあります。
これらの中から題材を選ぶと良いかもしれません。
応募締切りは平成29年4月30日です

<募集要項抜粋>
応募内容:川柳
テーマ :農
最優秀作品:米(彩の国ほまれ)5kg
応募方法:はがき、FAX、メール
応募締切:平成29年4月30日

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

【書評】後藤元気『将棋自戦記コレクション』 [書評・映画評(DVD含)]

気鋭の観戦記者による自戦記コレクションです。


将棋自戦記コレクション (ちくま文庫)

将棋自戦記コレクション (ちくま文庫)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 筑摩書房
  • 発売日: 2014/08/06
  • メディア: 文庫



升田幸三から渡辺明まで、時代も棋士もかなり幅広いラインアップで、歴史的価値のある自戦記が盛りだくさんです。プロだけでなくアマチュアも採用されているところも特徴的です。
販売を考えると名棋士を採用したくなるところですが、小野修一『もぐらだって空を飛びたい!』、前田祐司『残り一五秒でひらめく』などが入っているのをみると嬉しくなります。
他にも株主優待で有名な桐谷広人『プライドをかけて』は最後の1行が絶品です。

将棋史を別の視点から楽しめる一品だと思います。
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

最近の日常【平成29年3月中旬】 [日常]

〔花粉症の薬をもらった話〕
始めて花粉症で病院にいった。
今年はソコソコつらいというはあるが、それより「病院で薬をもらったほうが安い」と言われたから。
保険適用になるからという意味は分かるのだが、診察した方が安くなるというのが、なんとなく違和感。
それはそうと、医者で目薬・点鼻薬・飲み薬の3種を処方してもらう。
診察料も含めるとそれなりの価格になったが、1日当たりの分量に戻すと確かに安い。薬剤師が持ってくるだけで効きそうです。
とはいえ、中途半端に残るのみ薬を先行して使おうと思っているので、まだ飲んでいないのですが。

〔タナカのふりかけ『旅行の友』〕
大人になると、そんじゃそこらじゃ「美味い!」と感動しなくなる。
けど、田中食品(株)の『旅行の友』は掛け値なしに「美味い!」です。同じ棚にならぶ他社のふりかけと比べると、値段は同じでも容量少なめのためちょっとお高い。けど、それだけの価値はあります。
あまりのすばらしさに感動して製造会社のHPを見ると、なんと大正時代からのロングセラーだそうです。おまけにwikiにページまである。
さっそくwikiを開いてみると、2016年に発売100周年を迎えたとか。
『旅行の友』おそるべし。

【田中食品(株)】
http://www.tanaka-foods.co.jp/
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

第42期棋王戦第4局(渡辺明棋王VS千田翔太六段) [将棋]

渡辺棋王の1勝2敗で迎えた第4局です。

【中継サイト】
http://live.shogi.or.jp/kiou/

永世棋王の称号は、連続5期が条件で、通算での条件はありません。
その難しさから、現在のところ永世棋王は羽生善治三冠しかいません。
渡辺棋王は今期に勝利すれば永世棋王になりますが、負けると1からやり直しです。
シリーズ開幕前のインタビューで「ラストチャンス」と述べていたのは、そのあたりの困難さを踏まえてのことです。
しかし、ここまで1勝2敗と押されており、挙げた1勝も逆転勝ちです。非常に苦しい展開が続いています。
第4局は先手番です。
ラストチャンスと意を決して迎えた棋王戦です。
ここで勝利して永世棋王への望みをつなぐことができるでしょうか!

【記譜】
http://live.shogi.or.jp/kiou/kifu/42/kiou201703200101.html

ということで将棋です。
第4局はどのような隠しダマが飛んでくるかと思いましたが、矢倉脇システムとなりました。
ところがやっぱり千田六段です。
金を6二に横移動してから銀矢倉に組み替えます。
飛車を一段目まで引いて、まるで腰掛銀や右玉のような形です。
渡辺棋王も初見だと思いますが、その反応は素早かったです。
6二金を遊び駒にすべく棒銀を見せて反撃を誘い、生じた争点から攻撃を開始します。
千田六段も攻め駒を責めて活路を見出そうとしますが、79手目の3八歩が後手の攻めをシャットアウトする渋い決め手です。
以降は露骨な数の攻めを敢行し、受けがなくなったところで後手が投了しました。

先手渡辺棋王の完勝です。
いよいよ最終戦にもつれ込みました。
最終第5局は3月27日(月)に東京・将棋会館で行われます!

【公募情報】第15回北日本児童文学賞 [公募情報]

短編児童文学の募集です。

【主催者HP】
http://webun.jp/pub/hensyu/juvenile/15_2017/bosyu.html

北日本新聞は様々な文学賞を主催していますが、どの賞も人気です。
その秘密は、やはり1次選考~最終選考まで細かく結果を公表しているからだと思います。
「今年はどこまで行った」「来年は○次選考を目指そう」とか目標を立てやすいです。また、原稿用紙30枚以内という制限枚数も手頃です。
一般小説と比較すると応募者層が限られる児童文学にもかかわらず、昨年も500弱の応募が集まりました。
ぜひとも1年の成果を試してください。
制限枚数は原稿用紙30枚、応募締切は平成29年5月31日です!

<募集要項抜粋>
募集内容:児童文学
対象年齢:小学校高学年まで
最優秀賞:副賞50万円
制限枚数:20字×20行で30枚以内
応募締切:平成29年5月31日(消印有効)
応募方法:郵送
その他:応募は1人1点、原稿には通し番号を付けて、折らずに右肩をひもで綴じること。

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

第27回ゆきのまち幻想文学賞の結果 [予選通過]


【結果発表】
http://www.prism-net.jp/0y-yuki/y30-bungaku-syo/27_kekka.pdf

はい、見事に予備選考止まりでした。
今年は888編の応募があり、予備選考を通過したのが55通だそうです。
ざっくりと1/17ぐらい。
入選以上が20編なので、予備選考から1/3ぐらい。全体からすると1/44です。
予備選考を通過したのが今回で2回目なので、確率的にはあと1回予備選考を通過すれば受賞するんじゃないかと思いつつ。

今回の応募作品はそのうちメルマガの題材にします。
お楽しみに(と書きつつ、かなり先になりますが)

nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の10件 | -